弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

2017年10月10日
  1. 内閣官房から、弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について、情報が提供されましたのでお知らせします。 

弾道ミサイル発射直後の情報伝達

  • 弾道ミサイルは、発射から極めて短時間で着弾します。
  • ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、エリアメールにより緊急情報をお知らせします。

(注意)携帯電話、スマートフォンのほとんどがエリアメールを受信できますが、一部受信できないものがあります。

受信方法の確認手段と、受信できない場合の対策については次のファイルをご覧ください。

スマートフォンアプリ等による国民保護情報の配信サービスの活用(251KB)

メッセージが流れた直後に取るべき行動

屋外にいる場合

  • 近くの建物(できればコンクリート造りなどの頑丈な建物)や地下(地下街や地下駅舎などの地下施設)に避難してください。
  • 近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守ってください。

屋内にいる場合

  • 窓のない部屋へ移動してください。
  • 窓のある部屋ではできるだけ窓から離れ、身の回りのもので身を隠したり、頭部を守ってください。


行政からの指示に従って、落ち着いて行動してください。
なお、内閣官房からの情報については、関連リンクをご覧ください。

お問い合わせ

危機管理課
電話:0287-23-1115